記事やエッセー
プロフィール
アルベルト 松本のプロフィール.
スペイン語の翻訳&通訳サービス等について 「会社案内&事業内容」
記事
アルベルト松本の著書
アルベルト松本の記事やエッセー
スペイン語情報誌「MUSASHI」
日系人関係
アルゼンチン、中南米と日本
スペイン語通訳プラザ
イベント&新刊書案内
会社案内&事業内容
合資会社イデア・ネットワークの会社案内
2015年5月現在、13回目の増刷になりました!24,000部になります。
  ありがとうございます!
リンク
 
 
 
判事の所得も課税?
このタイトルを見る限り、アルゼンチンでは裁判官たちの給与は課税されていないと思われてしまうが、実は憲法上の規定とその解釈で例外的に連邦及び州判事の所得は完全に非課税扱いになっている。しかし今、政府のイニシアチブによって議会上下両院で激しい議論がかわされ、審議もかなり進み、課税の方向に動いているようだ。

憲法第110条は、判事の給与はいかなる理由があっても削減してはならないと規定されているため、これを厳密に適応して税金を納める必要もないと拡大解釈している。一部の判事はいかなる政府又は政権の政治的関与も阻止し、司法の中立を保つためとこの解釈を支持しているが、ここ数年判事の汚職スキャンダルが相次いだため国民はこの根拠にあまり納得していないのが実状である。...(全文へ)

 
 

TOYOTA ARGENTINAが新工場を建設

ブエノスアイレス市から北部70キロにあるCampanaという町で、現在同社の工場があるZarateから20キロの場所。6ヘクタールの敷地で1千100万ドルの投資を予定。
現地のメディアでもかなり大きく報道されたが、トヨタ自動車は、現地の生産規模を拡大するためにもう一つの工場を建設すると発表した。8月頃に工事がスタートするとされているが、来年の2月頃ぐらいには稼働体制に入り、Mercosur...(全文へ)

アルゼンチンの夏はカーニバル Carnaval de Corrientes y Entre Rios

日本でカーニバルというと、ブラジルのリオのカーニバルを思いつく方が多いと思うが、実は南米各地でカーニバルはあり、アルゼンチンでも特に暑い北東部では盛んなのである。有名なのは、Entre R弛s州、 Corrientes州のカーニバルで、開催時期は、おおむね1月中旬?2月末の間、1ヶ月間で、週末(金)(土)(日)の夜間に見応えのあるパレードが行われる。...(全文へ)

 
 
アルゼンチン、中南米と日本の関係の目次ヘ
トップペ−ジヘ